商店街の歴史

布施地区

「東大阪市の西端に位置し、近鉄奈良線、大阪線が分岐する近鉄布施駅が最寄り駅です。商店街は近鉄線高架を挟み南北に約1kmに伸び、周囲を歓楽街・住宅街に囲まれています。
また、大阪市との市境に近いため大阪市・東大阪市双方の周辺住民が布施商店街のメインのお客様です。
その歴史は古く、戦前から近鉄布施駅を中心に主に駅南部に商店街を形成していました。
戦後、駅周辺に製造業が盛んになり、それをみこした商店が駅北部にもでき、
商店街が発達した。昭和30年代から40年代にかけて簡易型アーケードも
完成し南北商店街とも発展しました。
昭和50年に入って、近代的な装備のアーケードの建て替えが完成し、
布施駅も高架になり、南北商店街往来も活発になり、布施商店街の合同組織
「布施商店街連絡会」も結成され、現在に至る。」

 

布施北部商店街昭和30年代

布施駅周辺を中心に20年〜30年に発展しました。

布施北部商店街昭和40年代

40年代が最も賑やかでした。

 
       

 

布施南部本町商店街昭和30年代

昭和30年代に水害に遭いました

 
       

 

昭和40年代木造テント式アーケード完成しました

昭和40年代布施駅より大阪市内を望む

 

昭和50年代布施駅南口

ページのtopへ